次世代法への取り組み

東京リスマチック株式会社 行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成27年4月1日~平成37年3月31日までの10年間

2.計画内容

[目標1] 育児への参加促進。計画期間内に、育児休業の取得状況を次の水準とする。
男性社員・・・計画期間内に1人以上取得すること。
女性社員・・・取得率80%以上を維持する。
<対応>
・平成27年4月 社内制度の認知度を把握
・平成27年6月 社内イントラネットで諸制度に関する情報を提供する
・育児休業等を取得しやすい環境の整備
・子どもの出生時における男子社員の休暇取得の促進
・女性社員の出産時と同様に社員の配偶者が出産する場合には、当該社員から休暇計画を聴取し、 仕事と育児を両立させるために十分な休暇日数が確保されるように配慮する

[目標2]従業員の年次有給休暇取得率を50%以上にする。
また、平成30年までには、年次有給休暇の取得日数を一人当たり年間平均8日以上とする。
<対応>
・平成28年3月までに有給休暇取得率の把握。日数管理システム作成
・平成28年4月から、社員に年5日以上の有給休暇を取得するよう社内イントラネットで開示
・定期的に年次有給休暇取得の促進活動。計画的取得の推進。情報開示
・社内報を活用した周知・啓発の実施

[目標3] 労働条件を整備する。
<対応>
・所定外労働時間の削減に向けて、教育と業務改善を継続する
・現在実施中の時間外労働の実績集計と健康アンケートを継続する
・育児・介護、その他休業した従業員の円滑な職場復帰のため、休業中及び復帰の直前直後に個別相談会実施を継続する。また、教育訓練の機会を提供する

なんでもご相談窓口 プリントデスク お見積もり・無料相談はこちらから!!