女性活躍推進法への取り組み

東京リスマチック株式会社 行動計画

女性が就業継続し、活躍できる雇用環境の整備を目的とした行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成28年4月1日~平成38年3月31日までの10年間

2. 当社の課題

長時間労働が前提をなっていることから、女性管理職の定着が進まない。

3. 目標と取組内容・実施時期

目標1:従業員の年次有給休暇取得率を50%以上にする。

<対応>
・平成28年3月~ 有給休暇取得率の把握。日数管理システム作成
・平成28年4月~ 社員に年5日以上の有給休暇を取得するよう社内イントラネットで開示
・平成30年1月~ 年次有給休暇の取得日数を一人当たり年間平均8日以上とする
・定期的に年次有給休暇取得の促進活動。計画的取得の推進。情報開示
・社内報を活用した周知・啓発の実施

目標2:9~11年目の女性の雇用継続割合を男性と同水準の40%以上にする。

<対応>
・平成28年1月~ 利用可能な両立支援制度に関する周知を行う
・平成28年6月~ 社内イントラネットで諸制度に関する情報を提供する
・育児休業等を取得しやすい環境の整備
・男性の育児休業や看護休暇取得等の両立支援利用を推進する取り組みを行う

女性の活躍の現状に関する情報公表

2015年12月現在

①採用した労働者に占める女性労働者の割合
   ○総合職:68%
   ○クリエイティブ職:92%
   ○生産職:36%
②男女の平均勤務年数の差異:男性:11.1年 女性8.0年

なんでもご相談窓口 プリントデスク お見積もり・無料相談はこちらから!!