日本創発グループ
Lithmatic

「リスマチックニュース256号」を公開

サービス 2021.10.29

画像1

環境配慮型サイン&ディスプレイサービス 「ecopa」はじめました。

ecopa(エコパ)とは

持続可能な社会づくりに向け、企業と人をつなげる広告物の作り方、使い方にも変化が求められ、

大手企業を中心にSDGsの取り組みのもと環境配慮素材の需要が高まっています。

サイン&ディスプレイ業界においても環境配慮型素材への切り替えが徐々に増えており、

今後さらに需要が拡大すると予想されます。

そのようなニーズにお応えすべく、東京リスマチックは「ecopa」を旗振ってご提案いたします。


製品情報

「ecopaバナー1800」「ecopaクロス1400」は、一般的な屋内外のサインに多く使用され、

環境負荷の高い素材とされている"塩ビ"を使用していません。

そのため、焼却処分した際に塩素やダイオキシンなどの有害な物質を出すこともありません。

海洋ゴミとして問題視されている、プラスチックの使用量も大幅に削減しております。


通常のターポリンや遮光ターポリンはそのまま埋め立て処分されることがほとんどですが、

焼却処分可能なこのメディアはプラスチックスマートの取り組みにも貢献可能です。


環境負荷の低い素材を使用することで、SDGsの取り組みに是非ご活用ください!

画像1

MDFとは

MDF(中質繊維板)は、ミディアム・デンシティ・ファイバーボード(Mediumdensity fiberboard)の略で、

木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合して板状に形成したものです。

エコ素材として今、注目されています。

近年、SDGsを意識されているお客さまを中心に、MDFを使用したアイテムをご提案する機会が増えています。


↓MDFの詳細はこちら↓

サスティナブルなエコ商材 MDF編

CONTACT

「こんなものが作りたい」
「こんな印刷・加工がしたい」など
お気軽にご相談ください。
企画・デザイン・仕様・価格・納期など、
可能な限り柔軟に対応いたします。

店舗一覧を見る

メルマガ登録

ページトップへ