立体物スキャニング(スキャメラ)

A1サイズ、厚さ10cm、重さ10kgまでの原稿をデジタルデータとして取り込みます。

特徴
油絵、版画、生地、板など表面の凹凸感を緻密に再現する場合はファインスキャメラ(600dpi)、
また果物・食器・オブジェ・工具・おもちゃ等立体感をリアルに再現するのはスキャメラ(400dpi)をお奨めします
なんでもご相談窓口 プリントデスク お見積もり・無料相談はこちらから!!

立体物スキャニング(スキャメラ) に似た商品・サービス

スキャニング画像加工

ドラムスキャナーとフラットベットスキャナーを使って、使用用途や原稿サイズに応じて入力解像度を設定していきます。


立体物スキャニング(スキャメラ) と一緒に購入される商品・サービス

カタログ・会社案内

商品や営業活動の告知に最もベーシックな紙によるツールです。


木製パネル

木製で厚みのある下地に絵柄を乗せて固定し、外枠をテープで包み込みようにして巻きつける加工です。


なんでもご相談窓口 プリントデスク お見積もり・無料相談はこちらから!!